増木コンサルマガジン

Masuki Consulting Magazine

増木コンサルマガジン

増木コンサルマガジン 新着記事

New articles

補助金を利用しよう

「耐震」よく耳にはするけれど、自分の家には必要なのか? どのようにすれば耐震補強ができるのか?お金はいくらくらいかかるの?と いうかたも多いのではないでしょうか?     耐震診断士として、今までたくさんの耐震診断・補強工事をしてきました。 その内の3分の2は地元新座市です。 無料診断を始めた頃は、とりあえず無料だから診断してみようという方がかなり多かったです...

来年1月からハローワーク求人票が変わります

◆ハローワークで求人する企業が再び増えている ハローワークに登録した求人情報は、5年前から職業紹介事業を 行う地方自治体や民間事業者に、オンラインで提供されています。  近年では、求職者が求人情報専門の検索サイトIndeed等を利用して、 多くの情報の中からより求める条件に合致する企業を選んで応募する ようになっています。ハローワークがオンライン提供する求人情報は、 こうしたサイト...

相続法の改正をご存知ですか?

あまり知られていないかもしれませんが、実は平成30年7月に 民法の一部を改正する法律が成立しました。 今回はその中でも利用されることも多い遺言についてどのような 改正があったのかご紹介したいと思います。改正相続法は、 自筆証書遺言の方式を緩和し、また法務局に保管する制度を新設することで、 自筆証書遺言をより利用しやすい制度にしています。   改正前の民法では、自筆証書遺言について...

一級建築士のお仕事は...

古代ローマ時代の建築家ウィトルウィウスは「建築十書」の中で 「願わくは、建築家は文章の学を解し、描写に熟達し、幾何学に精通し、 多くの歴史を知り、務めて哲学者に聞き、音楽を理解し、医学に無知ではなく、 法律家の所論を知り、星学あるいは天空理論の知識を持ちたいものである。」 と記しています。実に無茶ぶりです。 大学時代この言葉に感銘をうけた私は、建築家になるべく、 建築と関係ないこと...

賃金等請求権の消滅時効 見直しに向け審議始まる

◆7月1日に検討会報告書公表 厚生労働省の賃金等請求権の消滅時効の在り方に関する検討会は、 7月1日、報告書を公表しました。この報告書は、現在一律2年と されている賃金や年休に関する権利等について、改正民法において 短期消滅時効に関する規定が整理されたことを受け、どのように見直す べきか方向性を示したものです。   ◆改正民法で消滅時効はどう変わる? 改正民法施行後は...

PAGE-TOP