増木コンサルマガジン

Masuki Consulting Magazine

増木コンサルマガジン

増木コンサルマガジン 新着記事

New articles

相続税対策の「あらかじめ贈与」のポイント

税金相続税対策の「あらかじめ贈与」のポイントのイメージ

■今回のご質問 相続税が怖いので、現金3,000万円と自宅の土地建物を唯一の相続人である長男にあらかじめ贈与しておきたいと考えています。このとき、気を付けるポイントはありますか?       ■贈与税は相続税より高額! 贈与税は相続税より、同じ財産額であれば税率が高くなっています。このため、一度に多額の贈与を行うと、より多くの税金がかかる可能性があ...

【労務便り】来年4月施行の70歳までの就業機会の確保(努力義務)について

労務【労務便り】来年4月施行の70歳までの就業機会の確保(努力義務)についてのイメージ

来年4月施行の70歳までの就業機会の確保(努力義務)について     ◆これまでの高齢者雇用安定法(65歳までの雇用確保(義務))の内容   高年齢者雇用安定法は… ①60歳未満の定年禁止、 ②65歳までの雇用確保措置を定めています。   ①は、事業主が定年を定める場合は、その定年年齢は60歳以上としなければならないと...

意思能力と、相続対策。

相続意思能力と、相続対策。のイメージ

こんにちは。今回は“意思能力”についてです。   聞き慣れない言葉だと思いますが、意思能力とは「自分の行為の結果が判断できる能力」のことを指します。 民法では、「意思能力が無い状態で行われた法律行為(権利や義務が発生する契約)は無効である」とハッキリ定められています。   たとえば、泥酔した人が「100万円をキミにあげるよ」と、勢いで贈与し...

【労務便り】「届出等の際の押印等の廃止・36協定届などの様式の見直し」について

労務【労務便り】「届出等の際の押印等の廃止・36協定届などの様式の見直し」についてのイメージ

労基法施行規則等の改正案「届出等の際の押印等の廃止・36協定届などの様式の見直し」について     ◆年末調整の電子化に向けた取組み 行政手続における押印の見直しを受け、「労働基準法施行規則等の一部を改正する省令案」のパブリックコメントによる意見募集が、令和2年10月9日から開始されました(意見募集の締切りは令和2年11月7日)。   ◆改正の趣旨...

【労務便り】 来年1月1日より子の看護休暇・介護休暇の時間単位取得ができるようになります

労務【労務便り】 来年1月1日より子の看護休暇・介護休暇の時間単位取得ができるようになりますのイメージ

準備は進めていますか? 来年1月1日より子の看護休暇・介護休暇の時間単位取得ができるようになります     ◆「子の看護休暇」制度とは? 育児介護休業法により、小学校就学前の子を養育する労働者は、事業主に申し出ることにより、1年度において5日(その養育する小学校就学の始期に達するまでの子が2人以上の場合にあっては、10日) を限度として、子の看護休暇を取得する...

PAGE-TOP